お笑い芸人

セミセンターキャブ 【せみせんたーきゃぶ】

セミセンターキャブとは、ボンネットの長さが運転室の前後で異なっているため、運転室が車体中心からずれ、片側によっている形態です。

セミセンターキャブとなっている機関車として、DE10形ディーゼル機関車があります。

DE10は、エンジンが1台であるため、機器配置や重量配分の関係からセミ・センターキャブとなっています。





▲このページの一番上にもどります

>> 「せ」 もくじ に戻ります