お笑い芸人

旅客ホーム 【りょかくほーむ】

旅客ホームとは、旅客が列車に乗り降りするために線路に沿って設けられた台です。

プラットホームともいわれます。

利用者がたくさんいる日本では、鉄道創業時から客車との段差が少ないホームとなっています。

ホームの高さもいろいろです。

日本の基準は760mmですが、利用者がたくさんいる電車専用ホームは電車の床面にあわせた1100mm、電車とそのほかの列車とが使うホームは920mmです。

新幹線は1250mmです。

交流電化区間に乗り入れる、運行されている電車には760mmのホームでも乗り降りできるようにドア内側にステップがあります。

最近ではドア内側のステップを縮小あるいは無くしている電車もあります。

車体に取り付ける機器の高さを抑えることで電車の床面をホームの高さに近づけているためです。

旅客ホームにはいくつかの種類があります。

単線の線路の片側につくられた単式ホーム。

線路を挟む形でつくられる相対式ホーム

あべこべに線路に挟まれる島式ホーム

始発・終着駅につくられるくし型ホーム・切り欠けホームなどです。

相対式ホームと島式ホームでは、メリットとデメリットが相反します。

相対式は、島式にくらべ用地幅が多く建設費がかかる、旅客がホームを間違える可能性がある、列車の取り扱いに手間がかかるなどのデメリットがあるいっぽう、上下線の間隔を狭くできる、駅の前後の線形が良くなる、列車が同時に発着したときでも混雑を緩和できる、ホームの拡張が島式にくらべ行いやすいといったメリットがあります。

ですから、相対式ホームと島式ホームどちらにするかは、将来の見通しや利用者数、列車の本数などを勘案した上で決めます。

くし型ホームは頭端(とうたん)式ホームとも呼ばれます。

線路を横断する必要はないですが、改札や待合室と列車とが離れるため旅客が歩く距離が長くなりがちです。

切り欠けホームは短編成の列車をあつかうホームにつくられます。





▲このページの一番上にもどります

>> 「り」 もくじ に戻ります