お笑い芸人

末端直通 【まったんちょくつう】

末端直通とは、すでにある鉄道路線の末端側を別の鉄道会社によって延伸整備し、運転管理業務などは乗入れ先の鉄道会社に任せて、実質的には1本の路線として運営することをいいます。

末端直通の例として大阪のニュータウンアクセス鉄道である泉北高速鉄道(運営主体は大阪府都市開発)があります。

この会社は、現在、起点の中百舌鳥駅で接続する南海電気鉄道高野線と相互乗り入れをおこない直通運転しています。

しかし、1971(昭和46)年に開業した当初はすべての業務を南海電鉄に任せていたため、直通路線というよりは南海の1支線といった性格が強かったです。

その後、1987(昭和62)年4月1日に鉄道事業法が施行されたのをきっかけに直営化が進められ、1993(平成5)年4月までにすべての業務が直営化されています。

車両も開業当初は高野線用と設計が同じでしたが、1990(平成2)年に登場した車両からデザインに独自性があらわれています。

泉北高速鉄道以外の末端直通には、JR埼京線の大崎から伸びる東京臨海高速鉄道りんかい線や、東急東横線の横浜方から伸びる横浜高速鉄道みなとみらい線があります。

このうち、みなとみらい線では運転業務を東急に任せています。





▲このページの一番上にもどります

>> 「ま」 もくじ に戻ります