お笑い芸人

国鉄 【こくてつ】

国鉄とは、日本国有鉄道の略称です。

国鉄は、「日本国有鉄道法」に基づき、1949(昭和24)年6月1日に発足、日本の国有鉄道を運営していた法人です。

明治の鉄道開業以来、鉄道省や運輸省など政府官庁により国営事業として経営されてきた国営鉄道事業を、独立採算制の公共事業として受け継ぎました。

政府が100%出資する公社(公共企業体)として経営されました。

ちなみに、JNRとは、Japanese National Railwaysの略です。

国鉄は、自動車の普及、新幹線や採算の見込めないローカル線の建設、人件費の急速な上昇などにより経営が悪化、それを運賃の値上げによって回復させようとしたものの、かえって利用者を減らすこととなってしまいました。

この間にも借金への利子が雪だるま式に膨らみ、再建が試みられたものの、1986(昭和61)年11月に、日本国有鉄道改革法など国鉄分割民営化関連8法案の成立により、法的に分割民営化する準備が整いました。

そして、翌1987(昭和62)年3月31日23時59分、国鉄は自らの巨額の借金の解消を大きな目的に発足した政府出資の株式会社(特殊会社)形態のJRグループ各社と関係法人に事業を受け継がせその歴史を終えました。

1987(昭和62)年4月1日午前0時より、旅客は、北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州の6社に、貨物会社は全国一円を受け持つ形で、分割民営化されました。

なお、国鉄自身が抱えた累積赤字(およそ25兆円!)などとそのほかの借金や年金負担などを入れた37兆1100億円は、1987年4月1日より国鉄の清算業務を所管する日本国有鉄道清算事業団(1998年10月22日解散)とJRの本州3社、貨物会社などが返済することになりました。





▲このページの一番上にもどります

>> 「こ」 もくじ に戻ります