お笑い芸人

こだま色 【こだましょく】

こだま色とは、「クリーム色4号+赤2号」の塗分けのことをいいます。

由来は、昭和33(1958)年に東京〜大阪間に登場した151系電車「こだま」に最初に採用されたことからです。

以後、国鉄の昼行特急を代表する塗装として定着、昭和55(1980)年に185系電車が誕生するまで国鉄の特急車は、いずれもこの「こだま色」が特急の標準色として電車、気動車の特急型に使われています。

特急型として作られた国鉄形車両には、やはり、「こだま色」が最も似合うように思います。気品というか落ち着きや安心感をも感じさせます。

現在、こだま色は、湘南色スカ色とともに国鉄色として鉄道ファンに人気があります。





▲このページの一番上にもどります

>> 「こ」 もくじ に戻ります