お笑い芸人

583系 【ごひゃくはちじゅうさんけい】

世界的にも珍しい寝台電車として、国鉄時代の1967(昭和42)年10月に登場した581系特急型交直流電車は、九州や北陸地区の交流用に60ヘルツ対応でした。

583系はこれに加えて東北地区の交流50ヘルツ対応とした特急型交直流電車です。

車体塗装は、新幹線から(への)接続列車として使命から、新幹線の0系にあわせ、車体をクリーム、窓周りはブルーのツートンカラーとなっています。

登場当初は、B寝台(2等寝台)と食堂車だけでしたが後に、グリーン車も加わりました。

車内は、夜行列車として運転される時には寝台設備で、昼間の列車では座席設備としていました。

電車としての高速性能に加えて、寝台が前後方向としての幅が広く、とくに昼間座席として使用した際には、ゆったりとしていて好評でありました。

また、寝台としては幅が、下段で110cm、中段や上段でも70cmとなり、寝台客車の20系の幅52cmに比べて改善されました。

583系は、運転開始後、東北・常磐線上野〜青森間をメインに、新幹線に接続した関西〜九州間の山陽本線でも使用され、夜行列車で行って昼行で折り返す(またはその逆)ことができるため運用効率が極めて良いものでした。

いっぽうで、新幹線の延伸や設備が3段寝台であり、さらに昼間時の向かい合わせのボックシートというのが特急列車の設備としては485系などのリクライニングシートに比べて、決定的に劣るため次第に活躍の場を失い、一部は近郊型電車に改造されました。

2008(平成20)年4月1日現在で、京都総合運転所に50両、仙台車両センターと秋田車両センターに6両ずつの計62両が配置されていました。

しかし、2012(平成24)年3月ダイヤ改正で唯一の定期列車であった大阪〜新潟間の「きたぐに」が廃止され臨時列車となったことで583系はすべての定期列車の運用から撤退しました。





▲このページの一番上にもどります

>> 「こ」 もくじ に戻ります