お笑い芸人

ハエタタキ 【はえたたき】

ハエタタキとは、線路脇に立っている電柱の俗称です。

この名の由来は、かつては、どの家にもあった「ハエタタキ」と電柱の姿が似ていることからつきました。

この電柱は、鉄道業務用の通信回線をつないでいるもので、電化、非電化に関係なくありました。

規模の大きな線ほど電線の本数も増え、電線を張るための横棒の本数も多くありました。

ですから、ハエタタキを見れば、その鉄道路線の位置づけが測れる尺度でもありました。

現在では、無線や光ファイバ、衛星通信などにとって代わられたので、大量の本数の電線は見られなくなりました。





▲このページの一番上にもどります

>> 「は」 もくじ に戻ります