お笑い芸人

永久磁石同期電動機 【えいきゅうじしゃくどうきでんどうき】

永久磁石同期電動機とは、界磁(回転子のまわりに磁界をつくること)に永久磁石を用いている同期電動機です。

Permanent Magnet Synchronous Motorの頭文字をとってPMSMともよばれます。

モーター内で回転する部品である回転子に永久磁石を埋め込み、リラクタンストルク(界磁の磁気抵抗の非対称性によるトルク)によって回転します。

これによって、いままでの車両で用いていた誘導電動機では必要だった励磁電流(鉄心に磁界を生みだし磁力線のまとまりである磁束を発生させる成分)が、永久磁石同期電動機ではいらなくなりました。

励磁電流がいらなくなった永久磁石同期電動機では主電動機の効率があがりました。

効率があがったことで主電動機を全密閉構造とすることができ、同時に外気による冷却もいらなくなり騒音を低くできます。

これ以外にも、ちりとほこりが原因で主電動機の内部を汚したり傷めたりすることを防止できるほか、軸受の交換が主電動機本体をバラさずにできるため、こうした点でもメンテナンスを省くことができます。





▲このページの一番上にもどります

>> 「え」 もくじ に戻ります